石田ゆり子さんの16歳の頃の写真が可愛い。経歴、家族、結婚は?

LINEで送る
Pocket

石田ゆり子さんのインスタグラムで16歳当時の写真をアップしたのが話題になっています。
現在は49歳になる石田さんですが、今ももちろん若いですが、この頃もホントかわいいですね。

石田ゆり子さんがインスタで16歳当時の写真をアップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

きのう、とある会食の席で BGMに山下達郎さんの 「悲しみのジョディ」が流れてきた。 ジョーディーー君とならーーー きいっとーーー わかーりあえーたーーー😭👏🏻 心は一瞬で デビュー当時の16歳の自分に フラッシュバック。 山下達郎さんは わたしのデビューした 全日空の1987年の 夏キャン(夏のキャンペーンのことです。当時はこういうふうに 言ったんですよ👏🏻😊)の 曲を作ってくださった方です。 「踊ろよ、フィッシュ」という曲は、そのキャンペーンのために 作ってくださった曲です。 撮影当時16歳の私は 何もかもが楽しくて 未来が果てしなく続くと 思っていた。 あぁ、不思議な気持ち。 音楽ってすごい。 山下達郎さんの コンサートに行きたい。 #踊ろよフィッシュの頃のわたし

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 –

きのう、とある会食の席でBGMに山下達郎さんの「悲しみのジョディ」が流れてきた。
ジョーディーー君とならーーー
きいっとーーー
わかーりあえーたーーー😭👏🏻
心は一瞬でデビュー当時の16歳の自分にフラッシュバック。
山下達郎さんはわたしのデビューした全日空の1987年の夏キャン(夏のキャンペーンのことです。当時はこういうふうに言ったんですよ👏🏻😊)の曲を作ってくださった方です。
「踊ろよ、フィッシュ」という曲は、そのキャンペーンのために作ってくださった曲です。
撮影当時16歳の私は何もかもが楽しくて
未来が果てしなく続くと思っていた。
あぁ、不思議な気持ち。
音楽ってすごい。
山下達郎さんのコンサートに行きたい。

(石田ゆり子Instagramより)

と16歳当時を懐かしんでいます。

石田ゆり子さんの経歴

生年月日 1969年10月3日
本名 石田 百合子(いしだゆりこ)
愛称は「りり」、「ゆりちゃん」「ゆり」、「ゆりっぺ」
出身 東京都

小学生の時に水泳(平泳ぎ)でジュニアオリンピックに出場。
中学3年間は、父の仕事の都合で台湾の台北市に居住。
芸能界入りするまで水泳を続け、台湾では、妹の石田ひかりさんと一緒に台湾のナショナルチームに所属していました。

帰国後、東京都立桜町高等学校に入学。
その後、東京都立青山高等学校を経て、女子栄養大学短期大学部卒業。

高校1年生の時に自由が丘でスカウトされ、モデルになる。
そして、1987年全日空の沖縄キャンペーンガールに選ばれ、テレビコマーシャルやポスターに登場。
1988年11月にドラマ「海の群星」で女優としてデビュー。
女優業のほか、エッセイストとして、エッセイ集を発表しています。

石田ゆり子さんの家族、父、母、兄弟は?

家族は、父、母、兄、妹、ゆり子さんの5人家族です。
3人兄弟の真ん中で、石田ゆり子さんは長女、ひとつ年上の”兄”、二歳年下の”妹”がいます。
妹は、みなさんご存じの女優の石田ひかりさん。

そんなお兄様は、石田姉妹の兄ということを友人たちには、ひた隠しにしていたようです。
あまり知られなくなかったんでしょうか。

そして、お母様は、沖縄県石垣島出身。
石田ゆりこさんには、南国の血が流れているんですね。

最後に、お父様ですが、日本郵船にお勤め、転勤族だったため、石田さんは、幼いころから各地に移り住んでいたそうです。
愛知県で生まれ、その後、兵庫県、神奈川県、台湾、東京都と移り住んでいます。

お父様の年収も結構よかったらしく、台湾時代に住んでいたマンションはローラースケートができるほどの広さだったという噂です。

家の中でローラースケートができるなんて、すごいですね!

結婚は?

今まで恋愛、結婚の噂はありましたが、今のところ、結婚はされていないですね。

「一生のうち一度は誰かのお嫁さんになりたい。一度も誰かの妻にならず、終わるっていうのは、ちょっと寂しいな」

と以前、テレビ番組で語っていますので、決して独身主義というわけではなく、結婚願望はあるようです。
こればっかりは、”縁”ですからね。

現在は、かつて住んでいた代官山のマンションを売却して、都内に3階建ての新居に住んでいるようですが、いずれ、夫婦で結婚生活を送ることになるかもしれません。
そんなおめでたいニュースが聞ければいいなと思います。

これからも若々しく、テレビに、ドラマに、さらに活躍してほしいですね!

芸能

Posted by trendblog